まとめnews〜はたけ〜

芸能関係や最近のnewsについて興味のあるもの、面白いものなどをまとめてます!気軽に見て行って下さい^^*

    カテゴリ: news



    (出典 ironna.jp)



    1 替刃 ★ :2019/01/10(木) 10:24:56.51

    9日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは社説で、日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者が
    東京地裁に出廷し、無罪を主張したことを受け、国際ビジネス史上、最大級の事件は「ますます奇妙」な
    展開をたどっていると論評した。主人公の少女が不可思議な出来事に次々と遭遇する児童小説「不思議の
    国のアリス」になぞらえ、「不思議の国のゴーン」のようだとやゆした。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011000245


    【【ゴーン】米紙社説「不思議の国のゴーン」】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)



    1 ばーど ★ :2019/01/10(木) 09:24:45.36

    2019.1.9 22:09
    https://www.sankei.com/politics/news/190109/plt1901090031-n1.html
    徴用工差し押さえ 政府、静観一転「我慢の限界」 韓国政府に直ちに協議申し入れ

     政府は、韓国最高裁が新日鉄住金に、いわゆる徴用工として労働を強制されたと主張する韓国人への損害賠償を命じた昨年10月の判決以降、1965(昭和40)年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」した請求権問題で国際法違反の状態を続ける韓国政府に是正を求め、李洛淵(イ・ナギョン)首相らが検討している対策を見極める姿勢をとってきた。

     だが、判決から2カ月以上経過しても一向に対策を示さない上、同社の資産差し押さえが決まったことで「我慢の限界」(外務省幹部)に達した。

     政府はもともと新日鉄住金側に差し押さえの通知が届いた後、日韓請求権協定に基づく協議を申し入れる方向だった。しかし今回、通知の確認後、直ちに協議の要請に踏み切った。素早い対応は、厳しい姿勢を内外にアピールするとともに、10日に年頭記者会見が行われる文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、この問題が日韓関係の法的基盤を根本から覆す深刻な事案だと理解させる狙いがあったとみられる。

     韓国政府が協議に応じる可能性は低い。その場合、日本政府は協定に基づく「仲裁」や国際司法裁判所(ICJ)への提訴に踏み切る構えだ。同時に差し押さえ資産を現金化する事態なども想定し、関係省庁で対抗措置の準備を進める。

     対抗措置は、韓国製品に対する関税引き上げや、旅行などで来日する韓国人向けのビザ復活が浮上しているほか、長嶺安政駐韓大使の一時帰国も選択肢に入っている。外務省幹部は「毅然(きぜん)と対応し、企業に不利益が生じないようにする」と語っている。(原川貴郎)

    ★1)2019/01/09(水) 22:19:14.32
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547074330/


    【【日韓】徴用工差し押さえ…日本「我慢の限界」】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/10(木) 06:07:28.01 ID:6tDllffT9.net

     レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)の引退会見が10日、都内で行われる。報道陣向けの取材申請が9日午後5時に締め切られ、100社を超える媒体から200人以上が出席することが、関係者への取材で分かった。女性アスリートの引退会見ではフィギュアスケート女子の浅田真央さんが430人、サッカー女子の澤穂希さんと女子ゴルフの宮里藍さんに300人以上の報道陣が集結。3人に匹敵する大規模なものになりそうだ。

    フジは速報で 会見は午後2時開始で、日本テレビとTBSは突発的な事件がない限りワイドショーの中で生中継する予定。フジテレビも番組内で速報する。生中継には多額の経費がかかるため、直近の引退会見で行われたのは浅田さんら少数だ。

     吉田さんは8日に更新したツイッターで「また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」とだけつづり、今後については触れていない。自身のこれからについて何を語るのか、20年東京五輪にはどのような形で関わっていくのか注目が集まる。

     この日は世界レスリング連合が公式ツイッターを更新。「五輪で3回チャンピオンになった吉田が引退」と吉田さんの写真を付けて投稿した。明るいキャラクターを生かしてテレビ番組などでも活躍した吉田さんのもとには、アスリート以外に芸能界からも、ねぎらう声が続々と上がった。

     〇…吉田さんの母校で、所属先としてきた至学館大の谷岡郁子学長は9日、声明を発表し、「本当によく頑張ったねと声を掛けたい」とねぎらった。長年、レスリング女子の競技力向上に取り組んできた谷岡学長は「私が知る最も偉大なアスリートの引退には、やはり寂しさを感じます」と惜しみ、「レスリングと縁が切れるわけではなく、今後の指導者としての彼女の成長に期待しています」と後進の育成を望んだ。


    1/10(木) 6:05配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000262-sph-spo


    【【レスリング】吉田沙保里さん引退会見】の続きを読む



    (出典 image.pressblog.me)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/01/10(木) 09:09:11.59

    ライターの姫野桂さんが1月3日、金髪にして変わったことをツイッターに投稿した。
    「初対面の人や久しぶりに会った人にはまず髪色を突っ込まれる」と、話のタネになるという一面も挙げたが、
    多くは、
    ・わざとぶつかってくる系のおじさんの被害にあわなくなった
    ・レジ待ちの列で後ろのおじさんから舌打ちされない
    ・満員電車でおじさんに蹴られない
    ・タチの悪いナンパにあわない
    と、迷惑行為の被害防止に繋がっているというものだった。

    9日現在、この投稿には約2万件のいいねが付いている。
    リプライには「そんなことをする人がいること自体にびっくりです」というコメントが多く寄せられ、姫野さんは「ストレスを弱そうな女性に向けるのでしょうね」と推測していた。

    また姫野さんは口と舌にピアスをつけ、ゴスロリ風の服を着ていたときは「みんな避けて通ってくれました」という。
    一般的な企業だと許容され難い格好をして、近寄りがたい自分を演出することが自衛に繋がっていると感じているようだ。

    こうした考えに共感する人も多く、
    「ロック系の皮ジャンも効果的です」
    「昔、クルックルのスパイラルパーマにしたら、毎日遭ってた痴漢の被害に全く遭わなくなりました」
    「ピアスを片耳2個以上つけると痴漢にもあいづらくなる」
    といった声も寄せられた。

    20代男性からは、髪を明るくすると繁華街で客引きに声をかけられなくなったというコメントも寄せられていて、男女問わず派手な格好は自衛の手段のなりうるようだ。
    一方、金髪にしていたため、加害者に見られがちだったと嘆く人もいた。

    姫野さんはリプライの中で、髪の色が黒かったときは被害を受けることが日常茶飯事だったと明かしている。
    そもそもは、迷惑行為のターゲットを見た目で決めるような浅ましい人たちの存在が問題だ。
    派手な格好をすることそのものは否定しないが、それが自衛に繋がる世の中というのは、改善の余地があると言えるだろう。

    ※記事を一部引用しました。全文は下記のリンク先でご覧下さい。
    https://news.careerconnection.jp/?p=65430

    ■前スレ(1が立った日時:2019/01/09(水) 18:53:51.20)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547047424/


    【金髪にしたらオジサンからの迷惑行為がなくなった 「近寄りがたい格好が自衛につながる」という女性ライター】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ばーど ★ :2019/01/10(木) 08:21:43.85

     2018年12月6日、ソフトバンクの携帯電話において大規模な通信障害が発生した。午後1時39分から午後6時過ぎまで、4時間以上にわたり起こったこの障害は、日中だったこともあり多くのユーザーが不便を強いられた。

    ※省略

     それでも解約の意思が揺らがないユーザーに対して発行されるのが、ネット上で「コジポ」と呼ばれる引き止め施策だ。要は「MNP転出を思いとどまってくれたら、機種変更に使えるポイントをあげます」という内容で、ソフトバンクの場合は8000~3万ほどのポイントであることが多い(利用可能な機種は限定)。ポイント数は機種によって変動し、旧機種のiPhone8やXであれば8000ポイント、廉価モデルのXRであれば1万ポイント、XSであれば2万ポイントといったかたちだ。

    ■割引額が請求額を上回る?

     このソフトバンクのMNPによる契約者転出の引き止め策について、12月の通信障害を受け変化があった。

     私が12月22日にソフトバンクのカスタマーセンターへ電話をかけ、手持ちの4回線すべてについて「通信障害があったので他社へ乗り換えたい」という旨をオペレーターへ伝えると、なんと「全回線に5000円×12カ月の通信料割引をつけるので再考をお願いしたい」という返答があった。なんと1回線あたり年6万円、4回線で計24万円にも上る。

     さらに、現在適用されている月2480円の 「月々割」と、月1000円の「おうち割」についても併用が可能だという。そのため、1回線当たり毎月8480円もの割引が適用されることになった。通話料にさえ注意すれば、割引額が請求額を上回り、月2円(割引額が請求額を上回ってもマイナスにはならず、ユニバーサルサービス料の2円はかかる)で運用できてしまう。

     私の場合、契約中の回線のうち2本は2年半の契約期間、残り2本は1年の契約期間となっており、ある程度の長期契約者に対する優遇策である可能性も考えられた。しかし、今年9月にソフトバンクへMNP転入したばかりの家族からも、同様の割引がついたという報告があった。また、SNSを検索しても、この割引が適用されたユーザーの報告を多数確認できる。

    ■解約を申し入れしないと、割引が適用されない

     だが、ソフトバンクのこの対応を「ユーザー還元策」として評価すべきかどうかについては疑問が残る。電気通信事業者協会の報告によれば、昨年9月時点のソフトバンク契約者は約4000万件。このなかには従来型携帯電話(ガラケー)や「みまもりケータイ」「フォトビジョン」などの契約も含まれているため、すべがスマートフォンの契約ではない。もし全契約の約半数の2000万件に5000円の割引を適用すれば、単純計算で割引総額は1000億円になる。そのため、全ユーザーにこの割引が適用できるわけではない。

     また、SNSで検索をした限りでは、この対応が始まったのは12月22日から。同月6日から21日までの間にMNPで転出をしたユーザーや、MNPで他社へ転出する意向をソフトバンクに伝えずに使い続けているユーザーには、当然ながらこの割引は適用されていないことになり、ユーザー間で不公平が生じていることになる。

    ■“値引き”の実態

     ソフトバンクでは、新規加入時の審査で、過去に料金滞納などを起こしていないにもかかわらず、「総合的判断により、ご契約できません」と契約を拒否されることがある。実際に私は2016年頃からソフトバンクに複数回にわたりMNPによる転入を試みたが、契約を拒否された。しかし、なぜか毎年3月だけはiPhone 7やiPhone Xといった、当時のトップモデルを端末代金0円で契約することができた。

     現在はネット上のソフトバンク代理店「おとくケータイ.net」などで、MNPによる新規契約の場合、iPhone XRに対して7 ~8万円程度の端末値引きが適用されるケースも確認できる。この値引きは代理店の施策ではあるものの、ソフトバンク側から付与されるインセンティブを当てにした値引きであり、同社が契約獲得のためにかなりの値引きをしていることがうかがえる。

     消費者からしてみれば、3月にMNPを利用して他キャリアに契約を切り替え、端末を買うというのがもっとも賢い判断といえよう。しかし、幾度となく繰り返されてきた行き当たりばったりの値引きでユーザーを獲得する売り方は、いまだに変わっていないようだ。(文=山野祐介)

    2019.01.08
    Business Journal
    https://biz-journal.jp/i/amp/2019/01/post_26177.html

    (出典 biz-journal.jp)


    【【通信障害】ソフトバンク、解約を申し出た契約者にだけ割引!?】の続きを読む

    このページのトップヘ